「未分類」カテゴリーアーカイブ

NCのネタを書くとどうもあんまり・・・・・なんですがもちろんソコで培った経験と技術はZ34V36、そしてRZ34に応用するんですネタ

岸田総理見てるとホントにつくづく解っていないないだな~~って感じます。

この期に及んでまだそんなこと言ってんだ・・・・

最近、良くカスハラのハナシが報道されていますけどやっている方は自分が
1ミリも悪いと感じていないんでしょうね。

そんなヤツいっぱいいるか・・・・

さてと。

まずはエアフロからです。

ココにあります。

 

 

Z34V36も同じようなトコに付いています。

外してみた。

 

 

目視で判るような汚れもダメージも無いし、振ってもカラカラ言うワケでも
ありません。

しょうがねぇな~~~~

ココは新品交換か・・・・・

いくらすんだろ?

NCのネタを書くとどうもあんまり・・・・・なんですがもちろんソコで培った経験と技術はZ34V36、そしてRZ34に応用するんですネタ

さて、弊社NC1のEGチェックランプです。

EGチェックランプは今ドキのクルマには付きものです。

もちろん弊社はプロショップとしてキチンとした対応は必須です。

で、まずはDTCコードを吸い上げてみた。

 

 

2つもある。

ま、18万キロオーバーですからナニがあってもフシギは無いです。

で、P2177P2096

Pで始まるエラーコードはエンジン関係です。

ネットでググれば原因が出てきます。

P2177はエアフロセンサー、P2096はO2センサーとのこと。

A/FセンサーはだいじょぶそうでO2センサーだけダメってハナシですが
どうせ18万キロオーバーです。

I田さんがMAZDA純正センサーを交換したとのことでA/Fセンサーは
2万5千円、O2センサーが1万5千円。

高いですね~~~~。

で、弊社は純正なんか使いません。

後日、現物が到着したらまたココでご紹介しますが由緒正しいBosch製
Made in Germanyを採用します。

何でって?

そりゃ圧倒的に安いから

こう言う経験をもちろんZ34V36、そしてRZ34にフィードバック
するんです。

富士ショート、からの~~~~ネタ

眠い~~~~

這いつくばってナントカ起きています。

朝6時に目覚ましをかけたハズなんですが起きたのが6時7分。

7分間もピピピピピピピピピピピピピピピピピピピ言ってたようです。

で、御殿場のいつものホテルで朝メシ喰ったらまた山津波のような睡魔。

這いつくばるように富士に着いたらT中さんがいる・・・・・・

アレ? をかしいな???

今日は愛知県からおクルマを引き取りに来るN須さんにせっかくだから
ちょっと富士でシェイクダウンでもしますかパターンだったんです。

それを富士メンバーT中さんとM山さんが嗅ぎつけたんです。

 

 

昼にお電話があったM上さんも知っていました。

弊社チームメンバーの結束力、恐るべし

次はK田さんのシェイクダウンなんですがおもしろいからまた黙ってよっと。

さて、しばらくN須さんに代車でお貸出ししていた弊社NC1。

帰りは新東名から帰ってみました。

それもちょっとテストしたいことがあるのでガラガラの新東名がイイんです。

イロイロ負荷をかけてテストしていたら、やっぱり・・・・・・

 

 

EGチェックランプなんてほぼほぼ100%の人はイヤがるモンです

そりゃそうです。

でも弊社は逆です。

やった~~~~ \(^o^)/

コレで弊社のキャリアが1ランク上がる。

EGの開発もタイヘンですけどアシの開発もなかなか奥が深いんです。でも楽しいですよネタ

フラフラです。

解っちゃいることではありますが日本に帰ってきても時差ボケってのは
あるんです。

一般に言われていることですがアメリカに2日いたら日本に帰ってきたら
2日は時差ボケに苦しむってハナシです。

それを身を以って体感しています。

とてもとても快適だった最新鋭のA350-1000。

 

 

10時間近くは寝たので帰宅した昨晩は10時くらいからもうパッチリと
目が覚めちゃって朝の6時くらいまで全く寝られませんでした。

YouTube観ていたらまたまた面白いネタもありました。

今度は大手TV局の闇だって。

何でちょっとやそっと権力を手にした人間ってこうもクズ一直線なんだろ?

で、6時くらいからやっと眠ることができて目覚めたら昼の3時。

絵に描いたような昼夜逆転生活。

でも今晩から意地でも修復します。

いや、昨晩だってYouTube観ていただけではありません。

アシ、組んでいました。

アメリカからまたまたい~~~っぱいHypercoを調達しましたから。

富士メンバーBさんの997turboと弊社NC1用のアシです。

 

 

その他、Z34V36用もまだまだあります。

MainスプリングとHelperをちょっと仕様変更したんです。

コレまたパクられちゃうので詳細は控えますが今回はMainよりも
Helperをかなり変えましたね。

もちろんパフォーマンスに影響を与えることは必至です。

さて、Z34、RZ34用QUANTUMだって進化しています。

かなり進化しています。

弊社は立ち止まりません。

RZ34はもちろん弊社のクルマ、Z34はM上さんのクルマでテストです。

エ゛っ ナニをテストするかって ????

ふっふっふ・・・・・

QUANTUMのスペシャル特注別タン

NCのネタを書くとどうもあんまり・・・・・なんですがもちろんソコで培った経験と技術はZ34V36、そしてRZ34に応用するんですネタ

帰りました。

タイヘンですね~~~、開発って。

イイ物作ったからってそうそう売れるモンじゃありませんし、そもそも弊社が
ソコソコの物作っちゃったらそれこそ ┐( ̄ヘ ̄)┌ ってなります。

もちろん弊社が追求することは一貫して世界最高峰品質なんですがそれには
とにかくカネがかかる。

ま,そんなことは百も承知ですからできることをコツコツ積み上げていきます。

アメリカでの収穫はをいをい書いていきますが今日はまた違ったハナシです。

NCの強化ゴムブッシュデフマウントが完成したって連絡がありました。

 

 

とっても良くできています。

純正と見間違うようなデキです。

 

 

何回もココで書いていますが固めるべきところは固める、逃がすべきところは
逃がすそれをキチンと把握しないで闇雲に固めまくるとクルマってガタガタに
なります

弊社が提唱するこの先10年間キモチ良くイイ状態を維持するためには
特にソコ大事です。

とっても大事です。

だから弊社では特にマウント周りは強化ゴムブッシュを推奨しています。

弊社製のEGマウントではとてもとてもご好評を頂戴しています。

カンタンなハナシです。

いつもココで書いているように2台乗り比べれば誰でもわかるハナシです。

さて、上記のNCロードスター用の強化ゴムデフマウントブッシュの
おハナシです。

当然ですけど18万キロの弊社NCではゴムっちゅうゴムはみんなグズグズで
もう中がスッカスカなので不当に動いちゃうんですよね。

Z34V36、そしてRZ34も同じですね。

あの悪名高い日産純正のデフマウント。

MAZDAも同じですね。

純正のゴム高度がかなり低いのでサーキット走行では特にグズグズなのが
助長されます。

やはりモンダイなのがMAZDAも日産も純正でココの部品を販売して
くれないからゴムがグズグズになっちゃったらアルミのブラケットごと
アッセンブリーで買わなきゃいけないってことです。

つまり不当におカネがかかっちゃうんです。

さすがにZ34V36、そしてRZ34用のようにプログレッシブレートでは
作らなかったのでお安めに設定しております。

2個1セットで税別14,800円です。

ご興味のあるお客さまはお問い合わせ下さい。

circuitconcept@gmail.com

1年半ぶりのアメリカ、何だかな~~~~ネタ

さ、帰ろ。

っつ~~~~か早く帰りたいです。

相変わらず喰いモンはマズいし高いし。

以前にも書いことがありますがアメリカのステーキなんて硬いしスジっぽいし
パサパサしていてマズいんです。

だからちゃんとしたレストランでハンバーガーを食べることを推奨しました。

ファーストフード店じゃないですよ。

ちゃんとしたレストランです。

ところがです。

去年ニュースにもなりましたがアメリカの牛肉に残留エストロゲンが日本の
基準の600倍もあったってハナシ。

興味のある人はググればいくらでも出てきますがかいつまんで書くと、
牛に成長ホルモンを大量に投与して本来なら3年で大きくなるところを
1年で大きくして出荷するための薬物です。

日本では禁止されているハズです。

何で禁止されているかと言うと、牛に大量に投与した成長ホルモンから来る
残留エストロゲンが前立腺がん、子宮がんに密接な関係があるって、かの
ハーバード大学が研究発表しているくらいです。

毒喰ってるようなモンです

じゃあ何でそんな危険なモノをアメリカ政府が禁止しないのか?

ま、カンタンなハナシです。

アメリカ社会から銃が無くなんないのと同じ構図です。

で、肉が食べられないなら魚だろってんでソコソコのシーフードレストランに
行ってカニサラダとシーフードパスタを食べたんですがコレがまた・・・・

こんなマズいパスタ、初めて喰った。

ホントにマズい。

早く日本に帰りたいんですが帰りは所要時間が33時間    (T_T)

 

 

でも、シートマップ見ていたらあることに気が付きました。

コレA350-1000じゃね?

 

 

先月導入したばっかの最新鋭機です。

まだニューヨーク便にしか投入されていないと想っていました。

ちょっとアタリな気分です。

どうせ爆睡だからあんまりカンケ~無いか・・・・

おっと、仕事のハナシですね。

技術的にはとても良いモノを教えてもらいました。

でも価格がな~~~~

開発ってなかなかンまく行かないモンですね~~~~。

1年半ぶりのアメリカ、ワクワクを睡魔が邪魔しますネタ

いろんなトコに行きましたけどやはり東海岸が最も時差ボケがキツイです。

解っちゃいたことですがホントにキツイ。

NYには3回ほど行ったことがありますがその時のキツかった経験で
今回は機内でガッツリ寝ていこう作戦だったんですが・・・・・

全くダメでした。

なんだかんだで目的地に到着したのがちょうど昨日の今頃。

日本時間で朝の7時ですよ。

ガッツリ寝たんですよガッツリ。

それでも山津波のような睡魔が襲ってきます。

盆休みにでもアメリカ旅行に行ってみようかな? ってお考えの人がいたら
時差ボケを考慮して旅程を組まないと半分も楽しめません。

ドジャー・スタジアムで大谷選手観戦して本場のDisneyLand、
ナッツベリーファーム行って・・・・ なんて弾丸スケジュール組むと
もう途中でどうでも良くなってきます。

これだけワクワクだったのに睡魔で半分くらいにしぼんでしまいました。

でも、ガンバリます。

コレ、某大手メーカーの資料です。

 

 

昨日も書きましたが何Φの口径が最適なのか? ってことが大きな課題です。

デカきゃイイってモンでも無いですから。

もちろんNCのEGだって2.1L200馬力仕様と2.4L270馬力くらい
出したいな仕様だったら当然スロットルの口径だって変わってくるでしょう。

早く試したくて試したくて。

さ、もう明日には帰るんですけど帰りは30時間くらいだったかな。

1年半ぶりのアメリカ、なかなかワクワクしますネタ

まだ到着しません。

遠い・・・・

ラウンジではふぐの寿司が超ンまかったので調子に乗って15貫も食べたら
舌がピリピリする。

 

 

何貫喰うと致死量なんだろう?

まずはOHがてらの2.1LのEGを製作中でして加工が終わっている
EGブロックを引き取ってくる予定です。

OHがてらの2.1LのEGってナニ? ってハナシです。

そもそもいつ壊れてもおかしくない18万キロオーバーのNCのEGです。

ササっとOHをしたいんですがソコはCircuitConceptです。

ただOHするんじゃツマんないってんでΦ89mmのオーバーサイズ
ハイコンプピストンと272のカムシャフトを投入予定です。

もちろん純正状態ではΦ89mmのオーバーサイズハイコンプピストンは
入らないのでいつもお世話になっているレース屋さんにブロック加工を
お願いしてあります。

今回はおカネも大事ですが時間重視です。

壊れる前にEGを載せ替えておきたいんです。

で、そのEGはZ34純正のΦ60mmのスロットルを流用予定です。

2.1Lの200馬力程度ならΦ60mmのスロットルで充分だと想います。

さて、同時に進行している2.4L、こりゃあタイヘンです。

タイヘンなんですけどこれがゆくゆくは390RSProに生きてきます。

Φ89mmのオーバーサイズハイコンプピストンも違うんです。

これもゆくゆくは390RSProに生きてくるんです。

MAZDA純正ピストンのピンハイトが高すぎるんです。

同じΦ89mmのオーバーサイズハイコンプピストンでも2.4L仕様は
ショートピンヘッドピストンになります。

もちろんコンロッドも純正は使えないし、SWIFTスポーツのメタルを
使う予定なのでロングストロークフルカウンタークランクシャフトだって
特注です。

まだまだあります。

スロットルのハナシなんですけどね。

1年半ぶりのアメリカ、なかなかワクワクしますネタ

まずは最初の関門は何Φの電スロを使うか? です。

前提としてEG本体にキチンと手が入っていることが必要条件です。

純正状態のEGに4スロ、6スロ入れても・・・・・・

そんなヤツいねぇよ

って思うでしょ。

お問い合わせ、ちょくちょくあるんですよ。

どうもHONDA車用ってのはソコソコあるらしいですが一般販売している
NC用はイギリスで1社、Z34用は無し、Z33用はあるものの6スロ
だけで約50万。

先日も書きましたが4スロ、6スロはポン付けではEGすらかかりません。

付帯する周辺機器やフルコンのセッティングを入れたらコミコミ100万?

そりゃあ費用対効果は最低ランクですね。

最初にEG本体にキチンと手が入っていることが前提と書きました。

NCを例にとってみると純正状態で2Lの170馬力でレブが7,500。

コイツにフルカウンタークランクシャフトを投入して2.4Lハイコンプ、
272のカムでレブを8,500にしたとします。

純正状態の2L、つまり水が2L入ったペットボトル1本分の容量です。

7,500rpmってのは1分間で7,500回転、4ストなのでその半分
ですから2Lの水が入ったペットボトル3,750本の空気がスロットルを
通るんです。

1分じゃ解りにくいので1秒にしてみると62.5本です。

たった1秒間に2Lのペットボトル62.5本分の空気がNCのスロットルを
通るんです。

スロットルの容量足りんのかな? って感じてしまいます。

実際には足りないんでしょうね。

だからイロイロ実験してみたいんです。

純正のΦ50のシングルスロットルをZ34の純正のΦ60のスロットルが
余っているのでそれに交換してみようと企んでいます。

純正の170馬力程度でも効果がどれだけあるんだろうか?

コレで上が良くなったら2.4Lバージョンは4スロがとても効くでしょう。

Z34もアプローチは全く同じです。

390RSProではまずはΦ70の電子スロットルを試してみます。

ワクワクが止まらない。

1年半ぶりのアメリカ、なかなかワクワクしますネタ

世界のトップランクの技術者とミーティングをするために予習をしています。

以前にも書いたことがありますがコレもアレもイチから教えてくれって言って
ハイ、教えてあげますよって技術者は世界に一人もいないと想います。

もっと書くとメールなんかで聞いたところでまず相手にされません。

思い返してみるとそんな繰り返しでした。

AP、Hyperco、QUANTUM、みんなそうでした。

あ、コイツ、このレベルだな・・・・┐( ̄ヘ ̄)┌ ってなっちゃうと
どうしてもこうなります。

どうせ教えたって理解できねぇだろ

逆にコイツできるな (゚_゚i) って感じてもらえると上のランクの技術者を
ご紹介してもらえることも多々ありました。

繰り返しになりますがAP、Hyperco、QUANTUM、そう言えば
ENDLESSさんもみんなそうでした。

今回も久々のアメリカでやりたいことはいっぱいあるんですが何せアメリカは
デカいので移動にどうしても時間がかかってしまうんです。

行きには17時間48分です。

 

 

遠い  ▄█▀█◯

こんな時のために貯まったマイルでビジネスクラスにアップグレード。

機内ではガッツリ寝ます。

で、今回のミーティングの最大の目的は6連スロットルです。

最大の障壁は電子スロットルですね。

メカニカルなスロットルならブラケットを作ればとりあえずは付いちゃうし
作動もします。

電スロだと取り付けても作動をさせることはず~~~っとタイヘンです。

やっとの想いで作動させたとしてもマトモに走らせることだってとても
タイヘンだと想います。

そりゃそうです。

世界中でZ34のチューニングを手掛けているショップさんは星の数ほど
あれど、不相応にも弊社ごときがこんなことに手を出すんです。

これほど難しくなかったらあっちゃこっちゃのショップさんがとっくに
やっているでしょうから。

まずはNCの4連電子スロットルでストリートでもグズ付かないでキチンと
上までフケ上がるEGを完成させないと、です。