circuitconcept のすべての投稿

1泊3日アメリカ出張の旅ネタ

業務連絡させて下さい。

メールサーバーがエラーを起こしているらしいです。

帰国したらキチンと返信させて下さい。

日本のニュースでもご覧になった人がいるとは思いますがともかくアメリカ
ではモノが無い。

欠品欠品欠品です。

 

 

今回アレもコレも間に合わなかったじゃないかね〜〜か。

朝のニュースではアメリカではオムツがないって大騒ぎになっていました。

 

 

ま、結局はほとんどが中国製だったってことですね。

もうどんなに抗ったところでアメリカの経済は中国に支配されているって
ことなんでしょう。

それでも今回アメリカのとある技術者とのミーティングは中身がとてもとても
濃いものでした。

こういうものは本当に日本は遅れていると痛切に感じます。

ま、をいをいココでひとつひとつご紹介していきます。

新しい技術だったり新しいデバイスだったり導入する時ってやっぱり大変です。

製品が優れていればいるほど機能が多ければ多いほど勉強しなきゃいけない
ことがいっぱい出てきます。

優れた製品の性能をできるだけ100%引き出すためには勉強も必要ですし
経験も必要です。

アタマでわかったつもりになってはいけません。

これってクルマに限った話じゃありませんね。

いろいろと人生経験を積んでくるとできるようになった気がする、わかるように
なった気がするってのが最も危険だと言うことは分ります。

本当はできていないのにできていると思い込んでしまう、本当はわかって
いないのにわかっていると思い込んでしまう・・・・

我々の業界ではその結果待っている事は確実にトラブルです。

トラブルを引き起こすとまずはそれを修復することから始まりますからちゃんとわかっている状態から比較すれば3倍も4倍も時間がかかってしまいます。

だからこそキチンと理解して自分でちゃんと経験を積んでそれからやっと
自分の技術になると弊社は考えております。

以前にもチョロっと紹介した純正ECUのフィードバック領域、補正領域に
ついてどんどんわかってきています。

ま、教えてもらったんですけどね。

ここでも大事な事は決して知ったかぶりをしない素直な真っ白な気持ちで
臨むことです。

なんかこれも全てに通じるような気がします。

まずはキチンとできる真の技術者との出会い

特にできるつもりになってる人がとても多い世界です。

次には真の技術者が真剣に弊社と向き合ってくれるかどうかと言う高い壁も
あるんです。

我々の業界だけではなくとかく優秀な技術者って偏屈な人が多いように
感じるのは私だけ?

ストレートにぶつかってストレートに帰ってくるとは限らないいやむしろ
そんなことの方が珍しいそんなふうに感じます。

教えてもらう、指導を賜ると言う素直な気持ちを持ってアタって行くしか
方法が無いような気がします。

今回教えてもらった技術を早速2号機で試すのがとても楽しみです。

さ、帰ります。

1泊3日アメリカ出張の旅ネタ

バイデン大統領が日本に要求を突きつけた防衛費の大幅増額。

GDP比2%以上だそうな。

日本のGDPは1%が約5兆4、000億円だから2%以上ってなると
12兆とか13兆とかってハナシになるんでしょうね。

岸田総理も乗り気だしこのままナシ崩し的に決まって行くと思います。

参議院選挙でまた自民公明が圧勝するでしょうから日本国民の大半は
それでイイってお墨付きを付けることと同じです。

でも税金ですからね。

財源なんか我々から搾り取る以外方法がありません。

RZ34のベースグレードが定価476万、 10万引いてくれて466万
なのが支払い総額が563万です。

と言う事は100万近い税金を払うわけです。

これが近い将来もっと増額されることが予想されます。

国内線と比較して国際線はまだまだです。

 

ま、とりあえず寿司でも食うか・・・・

CircuitConcept、進化は止まりません。

止まらせてはいけないんです。

またまたとある新技術を投入予定です。

しかしまだまだあるモンですね~~~~新技術。

世界に目を向けると日々是研究、研鑽って技術者はいっぱいいるようです。

10年同じ事をやっていたんではホントに取り残されますね。

さ、そろそろ今シーズンを総括して来シーズンにできるだけ効率的につなげなければ損しますってネタを書いていきましょう、その1

ここで改めて費用対効果と律速段階について考察していきます。

そりゃそうですよね。

お金が無尽蔵にあるわけではありませんから。

例えばこの10万円だったらココに使ったほうがイイ20万円だったら
あっちを先にやった方がイイ、そんな感じです。

まずはパフォーマンスと言う点からではフロントピロロワーアームがイチバン
効きます

そして次にはフロントキャンバーアジャスタブルアッパーアームです。

何回もココで書いていますがドカンとブレーキングした時に安定して止まるか
止まらないかっていうのはこの2つのパーツに大きく関与しております。

タイヤの接地面が右と左で違うんじゃそりゃそうでしょってハナシです。

この2ヶ所をまず手をつけないで他に手を出したところで全く何の解決にも
なりません。

フロント周りをキッチリ固めるとブレーキングの安心感がかなり変わるので
次にはリアに目を向けてみます。

リアは最初にアームのピロ化してもほとんど効果がないどころか体感すら
しません。

実際に弊社が最も入力が大きいとみられるツチノコアームをピロ化しましたが
全く体感できませんでした。

つまり費用対効果がとても悪いです。

リアアームのピロ化がダメだって言っているんではなく律速段階の問題なので
ココはもうちょっと深く掘り下げてみます。

確認のためもう一度書きますとリアアームのピロがムダって言うわけでは
ありません

その前にやるべきことがリアサスペンションメンバーのゴムブッシュ強化です。

スカイラインやフーガと共通なんでしょうね。

乗り心地重視のとても柔らかいゴムブッシュが純正で採用されています。

つまり縦方向や横方向の入力に対してとても良く動くんです。

あの悪名高いデフマウントブッシュリアピースと同様に大きな入力に対して
1センチ単位で動きます。

つまりわずか数ミリくらいしか偏芯しないアームのブッシュをピロ化しても
その付け根のゴムブッシュが1センチ単位で動いてしまうので何ら意味を
持たなくなります。

だからリアを固めるならまずこのサスペンションメンバーのゴムブッシュを
固めてから初めてリアアームのピロ化が効果をもたらすと弊社では考えます。

聖地、筑波で想うネタ、ですよ

せっかくなので当面は71RSで行こうかなって考えております。

安いし。

ご好評に付きとりあえずチームメンバー用に20本入荷することになりました。

で、弊社代理店からこんな情報も。

BSのニュータイヤ。

喰いそうでけど高そうですね。

PilotCupみたい。

どんどんタイヤが喰う方向に行っていますのでイロイロと耐久性についても
見直さなくてはならなくなっています。

久しぶりに書きますがゴム系は全部見直す必要があるでしょうね。

つまり交換です。

以前にもご紹介したリアのアーム4種とサスペンションメンバーゴムブッシュ。

 

 

もう90%以上のZ34V36が要交換だと弊社では考えます。

これだけのリアまわりのゴムがもともと柔らかいのにさらに経年劣化で
ブニャブニャになっちゃっているんです。

それをCircuitConcept製強化ゴムブッシュまたはピロ化
することによってクルマの印象がシャキっとなります。

ドッカンブレーキも安定しますしイイこと尽くしです。

いつものことですが・・・・・

いくらすんの? ってハナシですね。

 

 

 

聖地、筑波で想うネタ、では確実に無いな・・・

バズるほどではなかったですけれどそこそこの問い合わせを頂戴いたしました。

K森さま、C葉さま、ご成約ありがとうございます。

やっぱり気になる値段ですよね。

もうちょいお待ち下さい。

多分5月いっぱいにはご提示できると思います。

で、向こうが言うには試作ができるのがだいたい1ヵ月。

ま、6月いっぱいでみた方がいいでしょうね。

神戸のイベントにメダマができそうです。

とにかくクイックステアリングって気持ちいいって感じて欲しいですね。

後はどれぐらいクイックになるのかって言うところも気になるところだと
思います。

お、コレ、イイんじゃないって言う加減がとても難しいです。

やりすぎちゃったらむしろピーキーなクルマになりますしあんまり攻めないと
高い割にはモノ足りねぇなぁって言うことにもなりかねません。

だから試作はどうしても3種類ぐらいは作らなくてはなりません。

もちろん2号機に取り付けてみてストリートからサーキットまで検証する
必要はあります。

そこそこのお値段はすると思いますからそこまで投資したのに・・・って
なってしまっては製品価値がダダ下がりです。

以前にも紹介したことがあると思いますが実はこの手の製品、存在するんです。

2年半前にSEMAに行った時にココでご紹介したことがあります。

 

 

アリゾナのメーカーだって言ってましたね。

日本に入れてる業者さんもあるんじゃないですか。きっと。

現物を目の前にして弊社があまり食指が動かなかったのは純正と同じ形状
だからです。

もちろん敢えて奇をてらう必要は全くありませんが軽量化も含めてもうちょい
攻めた肉抜きぐらいしたいですよね、

純正よりも材質のグレードをずっと上げれば攻めた肉抜きをしても純正以上の
強度を確保する事は簡単です。

実際に今までたくさんやってきました。

バネ下の軽量化がとても効果が大きい大きい事は周知の事実です。

これがうまくいったらロワーアームも作りたいですね。

ロワーアームなんてもっと重いですから。

RZ34ロワーアームはZ34とちょっと違うらしいです

なんかカタログにもキャスターを変えたみたいなこと書いてあったような
気がします。

想像するにフロントだけで100Kg増となっちゃったから曲がんなく
なっちゃったんでしょうね。

で、キャスターで曲がりやすい方に振ったんじゃないかって推察できます。

それを買って34に流用するくらいならいっそのことず~っと軽量で
キャスター調整式のアームを作っちゃった方がイイような気がします。

構想や妄想は膨らむ一方です。

一つ一つきちんと製品化しなくては。

聖地、筑波で想うネタ、なのかな?

ご覧になった方もいらっしゃるとは思いますが今朝のとあるニュースでとても
興味深いことをやっていました。

「80の壁」って言う本がベストセラーらしくてそれを執筆した脳医学者の
和田秀樹先生がとても面白いことをテレビで解説していました。

心身ともに健康な80歳を迎えるために今やっておくべきことっていうのが
テーマでした。

弊社が着目したポイント、それが50歳代でやるべき事、50歳代でやっては
いけないことです。

50歳代でやるべきこと、それがチャレンジ精神と意欲とのことです。

反対に50歳代でやってはいけないこと、それがもうこれでいいやと思う事
だそうです。

もうこれでいいやと思った途端に前頭葉の萎縮が始まるとのことです。

そこから記憶障害や認知症が始まると解説しておりました。

一方80歳代で心身ともに健康に過ごしている人は50歳代はチャレンジと
意欲を継続してきたパターンが多いと解説しておりました。

これ以上難しいことを書いてもしょうがないので簡単な結論を言うと
チャレンジ精神と意欲が50歳代には必須ってことらしいです。

そりゃそうですよね。

言い得て妙です。

弊社がいつもココで書いている情熱について権威に背中を押された気持ちです。

富士や鈴鹿や筑波に行くとオッサンだらけです。

若い人を育てたい一心で続けてきた活動も来シーズンに向けてベテラン組に
もっと焦点をあてていかなきゃって感じました。

もちろん楽しむことがイチバンです

M上さまもI田さまも2年前は初心者でした。

誰もがチャンスを持っていると思います。

もうこんなモンでイイかな? って感じたら思い出して下さい。

前頭葉の萎縮が始まります

さて、チャレンジ精神のカタマリなのに相変わらずおカネだけ無い弊社が
開発しているスポーツナックルのおハナシです。

カネが無いクセにバカみたいにこだわっちゃうからさらにビンボ~一直線です。

それでも弊社の要求に応えられる業者はとても少ないです。

要求が多すぎてだいたいバンザイされます。

でも今回の業者さんはなかなかチャレンジングです。

弊社がずらずらずらずらと要求を突き付けたらこんなんならできるぜって
回答してきたんです。

 

 

無垢のチタン材から削り出した某スポーツカーのナックルです。

しかも価格も今までの業者の中では一二を争うほど安い。

すんごいですね~~~~

恐るべし中国の技術。

ひとつ質問させてくれ、CNCはドコの使ってんの?

って尋ねたらDMG森精機とAMADA製作所だそうな。

聖地、筑波で想うネタ、なのかな??

やった~~~   v(゜∀ ゜)v

弊社代理店から連絡がありました。

71RSを正式に取り扱うことになりました

今さら???

って感じるかもしれません。

052を推奨してきたのは弊社がメンバー限定ですけどとてもお安くご提供
できるからです。

例えば275/40R18、某有名タイヤ屋さんで58,960円。

弊社では***消しました***もお安くご提供できるんです。

コレ、脅威です。

弊社価格、消しました。

また当局から手が回りますから。

052、275/40R18、某有名タイヤ屋さんで58,960円なら
71RSの方が良くね? ってハナシです。

その某タイヤ屋さんで275/35R19は49,750円です。

18インチは適切サイズが無いんですよね。

で、71RS、某タイヤ屋さんで275/35R19は49,750円でも
弊社的には高いんです。

ところがです。

弊社代理店がまたまたオドロキの価格をご提示してきました。

これまた1本あたり***消しました***は安くなりますね。

これなら来シーズンは弊社でも履けるかな~~~。

ちなみにタイヤのお問い合わせはメンバー、弊社お得意様以外には一切
お答えできません

大量に出回っちゃったら間違いなく手が回りますから。

こりゃあI田さま、来シーズンは71RSだな。

052よりかなり安いし。

タイムも出ます。

いや~~~イイ流れだな。

で、軽量化のメダマの一つ、コイツです。

 

 

忘れられかけたスポーツナックル

やっと、やっと製品化のメドが立ってきました。

長かったな~~~~。

コロナさえ無ければとっくに完成していたんです。

今、そんなこと言ってもしょうがないので前向きなハナシをします。

まずは軽量化からのハナシです。

純正は4.4Kgです。

ちょっとしたダンベルくらいありますね。

それを強度を確保しつつ半分くらいの重量にはしたいですね。

そして大きなメリットがもうひとつあります。

以前にもご紹介しましたがクイックステアリング化です。

クイックステアリングってあんまり馴染みが無い製品だと思いますが以前は
ランサーとかインプレッサの競技モデルに設定があったんです。

自分自身もそれを経験して効果の大きさを経験しております。

ステアリングレスポンスは良くなるわバネ下は軽くなることで乗り心地も
良くなるしイイこと尽くしです。

ともかく運転していて気持ちイイですからストリートでも効果が大きいです。

って書きたいところなんですがこのサイズを無垢から削り出すんです。

お高いんでしょう~~~~~~~~~~?????

はい、かなりすると思います。

私自身もとても欲しいので日本で見積もりをとったら片側で30万でした。

ムリ~~~~~~

でも、ソコは中国製です。

ともかく試作ができてきたらもちろんココでご紹介します。

ま、一般販売前にI田さま、S永さま、M上さま、W部さま、Pさんは
お買い上げ下さるでしょうからオレも欲しい~~~~ってお客さまは
早めのご連絡をお待ちしております。

聖地、筑波に想うネタ

やっぱりシーズン終盤になって意識が高いメンバーとの話題は来シーズンの
ジャンプアップです。

どうしてもおカネがかかってしまう世界ですからできるだけ効率的な投資を
弊社からご提示させて頂いております。

2本の走行後、M上さまと1時間に渡って弊社からの作戦をご提示させて
頂きました。

半分はナイショですがそれじゃあココの開発日記を楽しみにご覧下さる
とても多くの読者に申し訳が立ちません。

で、いくつかご紹介していきます。

今シーズン、M上さまは修理にとても多額の費用がかかってしまったので
なおさら1歩攻めた費用対効果をご提示させて頂くと共に他のメンバーや
意識が高いお客さまにもキチンとご提供できるように準備します。

まずは軽量化です。

今さら~~~~ ┐( ̄ヘ ̄)┌

いやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいやいや

何回かココで軽量化のネタを書いてきましたが同じことを書いていたんじゃ
ココの開発日記を楽しみにご覧下さるとても多くの読者もガッカリです。

M上さま、I田さま、I町さま、Pさん、概ね1,550Kg前後の車重と
推定できます。

I町さまは弊社キャンバーアジャスタブルピロアッパーアームをお買い上げ
下さった時に車検対応の書類とともに弊社が記載変更を陸運局で行いました。

その時に当局が車重を計測したんですが1,570Kgでした。

当時から少し軽量化をしているのでやはり1,550Kg前後と推察されます。

弊社の2号機が昨年の記載変更で陸運局で車重を計測されて1,410Kg
なので現在は1,380Kg程度です。

来シーズンに向けて弊社の軽量化メニューは以下のとおりです。

ルーフ、骨のドライカーボン化      -10Kg

リア、サイドガラス  ポリカーボネート化    -15Kg

フロントリインフォースチタン化     -2Kg

フロントフェンダードライカーボン化   -5Kg

ダッシュボードドライカーボン化、骨チタン化 -15Kg

まだあるんですがこっからはナイショです。

あっ、1個だけメダマをご紹介しておきましょう。

 

 

聖地、筑波に想うネタ

見てくださいこれ

今日の朝7時の筑波サーキットの様子です。

 

 

霧で何も見えん。

それでも8時半の走行までにはいくらか霧が晴れました。

 

 

アレ?

いつの間にかN織さまの前期verNISMOのフロントバンパーが
弊社製に変わっていました。

1本目の走行がこの時期にしては異例の気温15度。

コンディションはとても良かったです。

タイヤウォーマーを使わないと言う前提だとこのくらいがイチバン良いような
気がしてきます。

実際にGoodYearでのベストを更新できました。

ところがです。

2本目には気温がぐんぐん上がって25度くらい。

1本目の感覚でコーナーに突っ込むと飛び出すわコーナーではズルズルだわ
散々でした。

タイヤの温度管理、改めて来年の大きな課題です。

もう事実上シーズン終盤です。

来シーズンに向けてこれから梅雨のウェットコンディションだったりを
どれだけ有効に活用できるかが来シーズンのポイントになるんじゃないか
と考えております。

 

閑話休題ってワケじゃありませんが日産のライトバンについて語ってみようと想いましたが、もういい加減飽きられそうなのでファイナルにしますネタ

お客さまのクルマをお届けして電車で帰ってきたら前に座っていたオヤジが
読んでいた日刊ゲンダイの1面にプーチン余命数ヶ月って書いてありました。

道連れってことか???

ADバン、純正のタイヤホイールが165/80R13です。

ま、商用車ですから。

パフォーマンスだったり乗り心地だったりイロイロと考えて195/55R15
ってのにしようかと計画中です。

キビキビした楽しいハンドリングにするためにはタイヤだってソコソコの
グリップは必要です。

ご存知の人も多いとは想いますがアルミホイールの納期が絶望的です。

半年なんてアタリマエですから今から調達しておきたいです。

でも、適正なインセットがわからん。

やっぱりツラですよね。

アルミホイールが来ないとブレーキディスクローターも決まりません。

外径298mmあたりを画策していますが多分、ギリでアウトかセーフです。

APのディスクローター買っちゃってから入らなかったではヤだしな~~。

そう言えばRZ34用の新型ブレーキも開発中です。

Z34のブレーキが使えんじゃ無いの?

はい、その通りです。

世界最高峰品質のブレーキシステムとして多くのお客様にご支持を頂戴して
今でももちろん一線級です。

ただ、もう10年くらい前にチョロっと書きましたがカーボンローターを
いよいよ製品化しようと企んでいます。

カーボンローター、奥底で眠っているので引っ張り出してみます。

当時はまだ1枚で50万くらいしました。

技術は進んで最近は半額以下になりました。

しかも素材も進んでカーボンセラミックです。

RZ34が納車されたら最初に取り付け予定の弊社製品です。

ディスクローターなんて3Kgくらいでした。

で、ADバンのブレーキですがフロントは298mmのローターにもちろん
APの小さめの4ピストンキャリパーです。

モンダイはリアなんですよね。

ドラムなんです。

だからディスクブレーキに変更を考えています。

Z34用じゃいくらなんでもデカ過ぎるので前に買っちゃって余ってる
NCロードスター用あたりか86BRZあたりか。

でも4穴だったか・・・・・

どうすっかな~~~~

前後ブレーキバランスもあるのでいくつか試さないといけません。

ひとつモンダイがあります。

リアをディスクブレーキにするとそのままじゃ車検に通りません。

厳密に言えばフロントもダメですよ。

でもZ34の弊社フロントブレーキキット、車検対応の書類を作りましたが
現場で見られたことが1回しかないです。

多分ADバンのブレーキだってフロントにAPなんかついてりゃ誰が見ても
100%社外品ですからZ34よりはチェックされる公算は高いです。

ひょっとしたらADバンの弊社のブレーキキットお買い上げくださるお客様も
いるかもしれません

高いブレーキキットをせっかくお買い上げくださるのに車検に通らないんじゃ
なんだかなぁ ┐( ̄ヘ ̄)┌ ってなっちゃいます。

やっぱりヤめた ってなりがちです。

だからソコんところはちゃんと書類作ります。