「未分類」カテゴリーアーカイブ

チューンドEGに魂を吹き込むネタ、その2

魂を吹き込むって何だよ  (ノ`△´)ノ:.┻┻:・’

国民のための政治って言っちゃうくらいウサン臭いって言われました。

弊社の最大のウリの一つではありますが既存のモノに満足や妥協をせずに
世界最高峰品質を目指してイチから作っちゃうことです。

開発の段階から魂が入っています

S2000のHONDA純正コンロッドを計ってみたら意外と重く
683gです。

s2krod

Z34純正が625gなのでやっぱり意外です。

でも良~~~く見てみるとこういうところの肉の盛り方、補強の仕方は
さすがHONDAです。

Z34のコンロッドはかなりコストを下げたっぽい補強ですね。

rods1

でもちょっとフシギなのが小端部です。

こんなんでイイの? っつ~~くらい肉が薄いですしブッシュも無いです。

rods2

Z34がムダに頑丈なのか? それともあんま考えていないのか?

S2000の大端部の肉の盛り方を観察するとガッツリ補強しています。

総括するとS2000のコンロッドって補強するべき所はガッツリと
ソコはそんなんでも無いやろってところは薄く作ってあります。

理想ですね。

390RS Proで木に登っているバヤイではありません。

最終型のEGにもう着手しています。

Z35の話題が盛り上がってきましたね。

でもココで一つ小ネタを一つ。

Porscheが3Lターボは失敗だったってアナウンスしました。

3.6LのNAから3Lターボにして見た目の馬力は大きくなりましたが
ドライバビリティが下がったって世界で評判を下げてPorscheも
さすがに3.6LのNAに戻すってなりましたね。

それだけ排気量って偉大ですよ。

イイことばかりじゃ無いんですね。

排気量がデカくなることは動弁系がデカくなって重くなることも意味します。

フケ上がりが鈍重になりがちなんですね。

ダラダラと7,000まで回るEGは弊社的には回ることにはなりません。

キチンとパワーが付いてくる8,000オーバーのEGを作るために
ナニをすれば良いかはこの5年でキチンと学ぶことができました。

あとはどれだけ愛情を持って魂を吹き込むことができるのか?

そう言うことです。

チューンドEGに魂を吹き込むネタ、その1

フッフッフッ

やっとです。

ホンっとにやっとです。

2号機390RS Pro 完成 !!!

お客様の車両を優先してきたからホントに時間かかっちゃいました。

自分で言うのも何ですが・・・・・・。

スゲェぞコレ

フケ上がりがとても軽いしとてもとてもスムーズです。

フライホイールなんか一切軽くなんかしなくても工学的にキチンと計算して
バランスが綿密に取られたEGのみが達成できるこのフケ上がり領域。

弊社の計算通りです。

さ~~間もなく始まる今シーズンは久しぶりに暴れるぜ。

思えばEGって松、竹、梅を通り越してまさにピンからキリですが
お客様には比較対象がないのでなかなかお分かりになれません。

整備要領書に従って規定トルクで組み上げていけばそれはそれで
EGは出来上がりますし間違ってはいません。

ただそんなポン組みEGじゃ弊社ではダメなんです。

そんなんじゃ別に弊社にご依頼する理由がビタ一文ありませんし、
お客様に感動を与えるなんて到底ムリなハナシです。

EGに魂を吹き込む

な~~に言っちゃってんの ┐( ̄ヘ ̄)┌

って誰もが感じるでしょう。

圧倒的なパフォーマンスでネジ伏せることができなければ弊社的には
やっぱりダメなんです。

ちなみに現在弊社で手掛けている12万キロのEG魂を吹き込んでいます

head

新品EGよりもこの段階でず~~~っと優れています。

一つ一つの細かい作業全てに世界最高峰品質を、です。

390RS Proご試乗をご希望のお客様、もうチョイお待ち下さい。

Z34V36フルコンへの道ネタ

あんだよ~~ ハナシ違げぇじゃん (`Д´)凸

昨日35度になりました

しかも今さらながら来週いっぱい32、33度連発らしい。

しかも雨降ってのその気温だから不快指数はレッドゾーンです。

カラダはもうガタガタです ヘ(_ _ヘ) 

ホントに楽しむのは今しか無いですね。

あと10年も経つと地球環境問題でガソリン車なんて乗れなくなりそげです。

S様のロードスターターボ用のフルコン用ハーネスをチマチマ作っていたら
やっと昨日完成しました。

wiringharness1

コレで3台目です。

あと2台分作らなきゃいけません。

ホンっとにチマチマやっていたから2週間くらいかかっちゃいました。

集中してやれば4、5時間でできるとは思いますがコレだけやるワケには
いかないのでヒマを見つけてチマチマやると2週間かかっちゃいます。

タマタマ昨日はフルコンLinkの技術者とおハナシする機会がありました。

Z34V36をフルコンで制御するためのハードルは高いです。

そんなにカンタンだったらとっくにあっちゃこっちゃでデキています。

お客様にとってはカンタンなハナシです。

価格は? パフォーマンスは?

投資に見合うだけの感動が無ければヤル意味ありませんから。

MoTeCに代表されるフルコンってやっばり高いんです。

そりゃいつもココで書いていますが高いには理由があります。

やっぱりMoTeCは良くデキています。

でも・・・・・高過ぎ・・・・・・・・です。

なんだかんだで100万近くかかります。

それじゃあ ┐( ̄ヘ ̄)┌

MoTeCを100点とすればLinkって90点、いやもはやそれ以上の
印象があります。

で、価格はず~~~~っと安いんです。

ただハードウェア自体が90点だとしてもソフトはまだ未知数です。

そのためにLinkの技術者と打ち合わせをさせて頂きました。

ところで意外とネックなのが前述のハーネスってヤツです。

フルコンには避けて通れない道です。

いずれ量産する時に2週間もかけてチマチマやっていられません。

で、Z34V36用のハーネスプロトタイプを弊社で作って量産は
やっぱり中国です。

お取引先の候補がこれだけあります。

wiringharness2

皆さん由緒あるメーカーさんの下請けですから技術はあると思います。

30台分くらい作るとかなりお安くやってくれます。

そんなにフルコン売れるのか??

RECARO新作ネタ

RECAROをお待ちのお客様、たいへんお待たせしてしまっていますが
やっと11月にはナントカなりそうです。

で、最終打ち合わせをドイツとしていたらこんなんあるケドって
カタログを見せてくれました。

podium

ちょっとやりすぎだろ!!ってカンジですが思い出しましたがいつもいつも
お世話になっているスーパーオートバックス浜松の鈴木さんのZ34に
こんなん入っていたような気がする。

コレだったのかな??

1個買ってみようかと思いましたが高けぇぇぇぇ。

どしよっかな~~~。

フロントアンダーウィングについてちょっと触れとこっかネタ、その3

Z34のでもちょくちよく見かけしますリアのGTウイング、あれを
フロントバンパーの下に付けたって考えてもらうとわかりやすいです。

そもそも付くの??ってなりますわな。

ソコはCircuitConceptです。

キチンと最低地上高9cm以上は確保してあります。

最大のメリットは繰り返しになっちゃいますが空気抵抗の少なさです。

フロントスポイラーと比較すると最高速が落ちることもほとんどありませんし
燃費が悪くなるようなことにもなりません。

何回か今までに書いてきたように翼断面だけでダウンフォースを稼ぎます。

飛行機が空を飛べる原理です。

イイことずくめなんですが欠点もあります。

まずは高くなります。

そもそもそんな効果が大きい空力パーツならダウンフォースだって強力です。

高速域になればなるほどウイング本体にかかる力は強大になります。

ココんトコ良くサーキットで見かけるようになった出っ歯。

アレだって脱落しているのを何回か見たことあります。

出っ歯はタダの板ですから翼断面形状の弊社フロントアンダーウイングは
もっと強力に固定させないと特に富士のストレートでヤバいことになります。

っつ~~ワケで、弊社のフロントアンダーウイングってフロントの
フレームに直接留まっているんです。

最も強力な固定方法です。

2号機に付いているヤツをそのうちバラして画像をアップします。

 

フロントアンダーウィングについてちょっと触れとこっかネタ、その2

へ~~~来年の東京オリンピック、何が何でもやることになったらしい。

フロントスポイラーの空力的な考え方ってのは車体下部に流れ込む空気を
ハナっから入れないってことです。

高速になればなるほど車体下部の空気は車体を押し上げてしまいます。

その結果、高速でフラフラしてしまったりまっすぐ走らなかったりと
デメリットだらけです。

だからハナっから空気をいれなきゃイイってハナシです。

そのためにフロントバンパーの下に付けるのがフロントスポイラーです。

弊社が最も気になるデメリットは空気抵抗はガッツリでかくなります。

前影投影面積も増えます。

ぶっちゃけ最高速が落ちるんです。

だからヤです。

フロントディフューザーはその点、最高速がガッツリ落ちることは
無いんですが設計の自由度上、リアほど空力効果を出せないんです。

そもそもディフューザーってのは5年位前に詳細を書きましたが
ディフューズ(拡散する)モノです。

何を拡散させるのかと言いますともちろん空気です。

ちょっと調べたら2015年7月にネタがあったんですけどナント!!
アッブしたファイルが壊れて見られない w|;゚ロ゚|w

あんだよ~~レンタルサーバー屋め~~~~~ (`Д´)凸

こんなネタをアップしていました。

上の黒い線が弊社リアアンダーディフューザーで下の黒い線が地面です。

diffuser2

で、車体下部を抜ける青い線の空気はディフューザー形状に沿って
膨らんでいくんです。

コレがディフューザーの原理です。

なんのためにこんなことするのか? ってハナシです。

可逆断熱膨張って物理現象です。

空気を熱を加えること無く膨張させると空気圧がガッツリ下がるんです。

空気圧がガッツリ下がると車体は下に引っ張られるんです。

つまりそれがダウンフォースとなります。

良くデキたリアアンダーディフューザーってかなりダウンフォースを
稼げるので超オトクです。

ファッションだけのディフューザーではダメですよ。

同じ原理でフロントディフューザーってのがアタマをもたげるんですけど、
構造上リアほど効果が出せません。

付けてもあんまり効かないってことです。

それじゃあ    ┐( ̄ヘ ̄)┌

っつ~~ワケで圧倒的に効果がデカいフロントアンダーウイングです。

フロントアンダーウィングについてちょっと触れとこっかネタ、その1

今日、明日がピークらしいです。

最後の35度オーバーらしいです。

今週の日曜日まで30度オーバーで来週にはやっと最高気温が30度を
下回るってニュースでやっていました。

やっぱり毎年のように9月の第2週までです。

まもなくシーズンインです。

早いですね~~~。

昨日のK森様の車両の画像をアップしたらお問い合わせをちょくちょく
頂戴しました。

フロントアンダーウイング

フロントスポイラー、フロントディフューザーとどう違うの (゚_゚?)

ですよね~~~~。

開発時には詳細にネタをアップしたモンですがいちいちひっくり返して
読んで下さいっつ~~ワケにも行かないですね。

少~~しずつですがちゃんと製品ページを作ります。

で、フロントアンダーウイングのおハナシです。

撮っておいたK森様の画像を拡大してみましたがこれじゃわらん。

Funderwing

ちょっとデフォルメしてみるとこんなカンジで最大のポイントって
フロントバンパーとフロントアンダーウイングの間を空気が抜ける
ココなんですね。

Fwing

ココを走行風が抜けることができるかどうか?ってのがパフォーマンスに
とても大きな影響を与えると弊社では考えています。

見た目だって既存のスポイラーよりずっとカッコイイですよ。

そもそも見たことあります??

Safe and Secureって言葉を思い出しましたネタ

先週大阪に旅立っていった弊社お得意様のK森様の車両せっかくなので
写真に撮っておきました。

kmr34

陸送会社の担当者様にフロントアンダーウイングとタイヤアルミが新品
伝えたらビビって写真どころかGoProで取りまくっていました。

傷付けたら弁償ですからね。

史上最強の台風の影響で計画運休が続いていて輸送船が止まっています。

先週北九州に発送した商品もま~~だ届かないようです。

ま、何かあるよりも確実に安全に届けてもらったほうがず~~っとイイです。

もう少しお待ち下さい。

タカがバッテリー一つとってもこだわりはCircuitConcept流ですネタ

観測史上最強の台風が九州を直撃するカモってハナシです。

915HP、最大瞬間風速85mなんて凄まじいを通り越した激風が
予想されていますね。

記憶に新しい去年の台風15号、千葉のゴルフ場が倒壊しましたが
あの時の風速って57mだったらしいです。

この台風、首都圏直撃だったらもう壊滅です。

ホントに祈るしかありません。

毎年こんなの来るでしょうね。

楽しむなら今しか無いでしょうね。

で。

コレ、弊社扱いリチウムイオンバッテリーのターミナルです。

teminal

真鍮で削り出しました。

電気伝導性を考慮するとアルミじゃ?? だと弊社では判断しました。

ま~~~バッテリーではハマりましたよ。

ホントにイロイロハマりました。

でもそのハマった経験が現在に生きています。

性能が良くてアタリマエ

お取り付けだって完全ボルトオン無加工を達成できました。

じゃなきゃお買い上げ下さった遠方のお客様だって困っちゃいます。

弊社お得意様のU田様がSNSで大絶賛して下さっております。

このバッテリーを割とお安くご提供できる代理店契約も締結できました。

しかもナント3年保証

リチウムイオンバッテリー界では業界唯一だと思います。

だいたい他社さん半年か長くても1年ですから。

お待ち下さるお客様、順次お取り付けさせて頂いております。

ご発送をお待ちのお客様、もうチョイ検証してから発送させて下さい。